人気ブログランキング |


名詩名文を声に出して読む部屋


by himemikos

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

七月文月 更新しました 唱歌は「椰子の実」

カレンダーを七月にめくると同時に、蝉の歌が始まりました。
まだ遠慮しながら、控えめに…という感じですが…

少し前から「親子で朗誦」の頁では、四季折々の唱歌と童謡の歌詞を掲載しています。

近年、春と秋の期間が短くなり、夏と冬が長く続くようになったけれど、それでも私たちの国では、四季はちゃんと廻ってきます。そんな日本の四季の風景が、きちんとした美しい日本語で歌われるのが、いわゆる「唱歌」です。

明治の終わりから昭和の初めにかけて、その時々の教科書に収められた歌が「文部省唱歌」です。もっと昔の「翻訳唱歌」など、正確にはいくつかに分類されます。当時は、作詞者と作曲者の名前は明かされず、今でも不明のままの歌もたくさんあります。そのせいでしょうか?時代の変遷によって、歌詞の変更も度々行われています。

一時、歌詞が文語調で難しい…などの理由で、教科書から次々に消されていきましたが、今また、復活の兆しをみせています。合唱や歌曲のコンサートでも人気のプログラムですし、ボランティアでデイサービスなどに伺っても、必ずリクエストされます。忘れてしまったことが多い方でも、幼い日に歌った曲はちゃんと覚えていらっしゃって、大きな声で一緒に歌ってくださいます。今はいないお母様のことや、もう訪れることもない故郷のことを思い出されるのでしょうか。涙ぐんでしまう方も……

私たちの朗読コンサートのフィナーレでの一番人気もやっぱり「故郷」。

なつかしいね…でくくられる唱歌。でも私はこれから大きくなる幼い子供たちと、そのお母様・お父様にこそ歌ってほしいのです。日常の会話では使われることが少ない、きれいな日本語のお手本でもあります。いつ、どんな時でも、みんなで一緒に歌える「歌」があるのは、なんて幸せなのでしょう。

さあ、おばあさま、出番です。この歌詞をご覧になって、お孫さんに教えてあげてください。自信を持って……
今月は「椰子の実」です。この曲は、正確なジャンルは「国民歌謡」といわれたものですが、ここでは唱歌にいれさせていただきました。島崎藤村の詩を詠むだけでも素敵です。
# by himemikos | 2016-07-05 12:41

六月水無月の各頁更新 季節の写真をどうぞ

6月5日、福岡市東区の恵光院で菩提樹まつりが行われます。
「季節の歌」の頁で菩提樹をごらんください。
当ホームページでおなじみのアマチュアカメラマン、稲山さんが送って下さった写真です。
今年の写真ではないのですが…
# by himemikos | 2016-06-02 23:30

五月皐月の各頁 更新 源氏物語コンサート

源氏物語朗読コンサートのご案内です。

申し込みはいりません。ご自由にお越しください。
会場使用料として、当日、1,000円を頂戴します。
暑くなりそうです。冷たいお茶をご用意しましょう。

ご来場をお待ち申し上げます。
a0292310_17244288.jpg

# by himemikos | 2016-05-04 17:24

卯月四月の各頁 更新  中国語の音声もどうぞ

「今月の名詩・名文」の頁で、とても古い時代の中国の婚礼の祝いうたをご紹介しました。
嫁いでゆく娘を輝くばかりの桃の花にたとえ、その幸せをみんなで祝っています。
単純な繰り返しですが、「夭々」「灼々」…と心地よいリズムに、人々の喜びが伝わってくるようです。

「名詩・名文を声に出して読む会」八幡青山サークルの会員が、中国語で詠んでくださいました。ぜひお聴き下さい。
# by himemikos | 2016-04-04 19:55

弥生 三月の各頁 更新しています

石激る 垂水の上の 早蕨の 萌え出づる春に なりにけるかも   「万葉集」より

弥生三月、雛の季節…  歌や俳句に、詩や随筆に、早い春を感じてください。
a0292310_232614100.jpg

「季節の歌」にいつも瑞々しい写真を送ってくださる稲山さんから、初桜が届きました。
あなたにも…
# by himemikos | 2016-03-04 23:28

カテゴリ

全体
お知らせ
イベント報告

検索

メモ帳

その他のジャンル

ブログジャンル

子育て
ブログ

画像一覧